So-net無料ブログ作成
検索選択

ゾンビ大戦争巨編「ワールド・ウォーZ」 [本]


WORLD WAR Z

WORLD WAR Z



たまたま雑誌の本紹介で見かけて読んでみようと思った本「ワールド・ウォーZ」が最高によかった!

舞台は死者が蘇って大混乱となったゾンビ戦争終結から10年後。
ある調査官が世界中の人々の体験を取材したものを回想形式でつづられる。日本人も二人回想してます。


軍人から一般の人々まで色んな人たちの戦争体験がそれぞれひとつの短編としても面白く読めます。ゾンビ好きじゃなくても多分大丈夫。
しかしこの世界怖すぎる!ゾンビを倒しても倒しても後から増えてくる!!
対ゾンビ武道というのも言葉だけでてきたけど妄想が膨らむなー。すごそう。


ゾンビ映画はただのホラーじゃなくて人種問題とか色んなことをあらわしているとよく言われるけどこの物語読むとそれがよくわかります。
分厚くて読むの時間かかったけど読んでよかった。
解説読むとブラッドピットの事務所が映像化の権利をゲットして映画になるとかいてたのでぜひ映画も見たい!
同じく解説でこのようにさまざまな人物の証言からある出来事の相対を書き出す手法を「オーラル・ヒストリー」というそうな。
勉強になった。
ワールド・ウォーZ.JPG

15年間監禁された男「オールドボーイ」 [映画]




韓国映画オールドボーイ」見た。
原作は日本の漫画だけど途中までしか読んでないので最後どうなったかしらないまま映画見る。

主人公はいきなり、目的も期間もわからずある部屋に15年間監禁される・・・
何もわからないままというとこが怖い。ちょっとおかしくなってしまいそう。

その部屋の中でひたすらシャドーやったり壁たたいたりしてたおかげで脱出してからすごく強くなってた主人公。
狭い通路とはいえ武器を持った20人くらいのチンピラと戦って全員やっつけた・・・そんなばかな・・
けど漫画「ホーリーランド」でも引きこもった部屋の中でシャドーだけで強くなってたな。

なぜ自分が監禁されたのかをつきとめる話で最後には衝撃の結末が待つ。
きつい話だったけど最後までどうなるかわからず面白く見れました。

漫画版とは違うオチみたいです。

主役の俳優が本田博太郎に似ていると思うのは俺だけかな?
95924_l.jpgmp1202.JPG

テレビドラマ「決定版!蒲田行進曲」(1986年) [ドラマ]

d1600.jpg
ちょっと前に見なした映画蒲田行進曲」にその1年後に作られたというテレビドラマ「決定版!蒲田行進曲」というのがあることをケーブルテレビ、TBSチャンネルの放送で知りました。
写真にあるように銀ちゃんー沖雅也、ヤスー柄本明、小夏ー大原麗子で原作者つかこうへい自らが脚本、キャスティング、演出を担当したそうです。

話はほとんど映画版といっしょだった。
前編見たときは映画のほうがよかったかなと思ったけど後編まで見たらドラマ版もかなりよかった。
特に小夏役は大原麗子がぴったりはまっていた。
銀ちゃんとヤスって軽くDVだし小夏に対して最悪なこと言ったりやったりしてるけどなぜかそこまで憎めなくぐっとこさせられるとこがすごい。

ちなみにこのドラマの放送してる時期に沖雅也は自殺した。

口内炎地獄 [健康]

昔から口内炎よくできるけど今気づいてチェックしたら同時に6個できてる・・・・・
最高でも3,4個だったので最高記録。

特別口の中切ったわけでもなく自然に発生したとこが恐ろしい。
10年以上ぶりにチョコラBB購入、口内炎パッチも。

痛い・・・




映画「ハイキックガール」「盲獣VS一寸法師」 [映画]


ハイキック・ガール! [DVD]

ハイキック・ガール! [DVD]




盲獣VS一寸法師 [DVD]

盲獣VS一寸法師 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クロックワークス
  • メディア: DVD

bv.JPG
寸止めや当てるふりじゃなく実際に当てているリアルヒッティングでやってると言われてて見ようと思ってた映画「ハイキックガール」ようやく見ました。

実際当ててるといっても当然思いきりやってるわけではないと思うので見る分にはそんなに変わらない気がしました。
主人公やその先生をはじめ格闘家が多く出てるので動きとかはほとんど違和感ないです。というか先生役の空手家の人(日本空手協会総本部の師範中達也)が活躍しまくっててすげえ強そう!
2回から飛び蹴りしたりとかの特別派手なアクションとかはないけど逆にリアルな感じがした。

話はよくわからないとこもあったけど空手ってかっこいいなと思わせられる結構いいアクション映画だなと思った。

続けて見たのが『盲獣vs一寸法師』(2001年製作・2004年公開)、石井輝男監督の遺作です。

乱歩の名作「盲獣」と「一寸法師」を合体させた作品。
相当低予算で素人も多く使って作られてるからかやたらわかりにくかった。画面が暗く何を映してるか見づらく、セリフもぼそぼそ何言ってるのかわからない・・・
盲獣と一寸法師のからみもないのでなんで一緒にしたのかいまいち理解できませんでした・・・

唯一すごかったのは盲獣を演じた平山久能 という俳優。ものすごいインパクトあったなぁ・・・
丹波哲郎も最後ちょっとだけでてました。

やっぱり昔の「盲獣」の出来がよすぎてついくらべてしまうのだった・・・原作の小説もよかった。
2176101167011469910552341680288737d111.jpg

元少年兵ボクシング王者映画「カシーム・ザ・ドリーム」 [映画]

kassim.jpg
結構前に録画してた「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」で紹介されてた映画「カシームザドリーム」(2008)見た。
かなりの衝撃作品だった。

カシム・オウマはウガンダで6歳のときさらわれて無理やり少年兵にさせられた。8歳で人を殺し捕虜を拷問したりしてたと。
軍でボクシングをはじめ国外試合のときに脱走、アメリカに逃げて世界王者になったすごい男。
けど脱走したため父親は軍に殺され自分も国には帰れない状況に。

そしてウガンダ大統領から恩赦をもらって帰国するためオウマは戦う・・・というドキュメント。普通の映画だったら感動的な感じになるとおもうけどこれは事実なので厳しい現実とかがつきつけられて考えさせられる。

紹介で町山さんが話してたけどウガンダは今も内戦中でさらった子供同士を殺し合わせたり「あずみ」のようなことをもおこなってるとか・・・怖すぎる!
この映画がなんで未公開なのかわからんな~。

いましろたかし最新本「引き潮」 [漫画]


引き潮 (ビームコミックス)

引き潮 (ビームコミックス)



今日あたりプールでも行きたいなと思ったとたんの雨。

いましろたかしの最新単行本「引き潮」読む。
絵、話ともに相変わらずの脱力ぶりですごい。すぐ読み終えます。

いましろ作品をはじめて読んだのは高校生くらいのときだと思うけど(「ハーツ&マインズ」}あれは衝撃的だったな。


見ているドラマが終わったり新しく始まったりのラッシュ
終わったのがテレ東でやってた「CSI:」シーズン8。いつもいいとこで終わるけど今回も「えっ!?」という終わり方だった。シーズン9見たくなりまくり。
倉本そー原作の昔のドラマ「川は泣いている」も全4回見終える。

始まったのがいい出来だと評判で見たかった「岸辺のアルバム」と謎を呼ぶドラマ「ロストの最新にして最後のシーズン5。もうはじめからよくわからない。
新キャラとして真田広之が登場してたけどかなり謎のキャラ。わかりにくそうな終わり方しそうな雰囲気が漂ってます。

永井&石川両先生の漫画が原作の特撮ヒーローもの「バトルホーク」第1話なんとなく見たけど相当無茶苦茶で1話にしておなかいっぱいになった。
battlehawk3.jpg

「こころの遺伝子」最終回 高専柔道家小菅正夫 [ドキュメント]

entyo_01.jpg
NHKでやってた番組「こころの遺伝子」の最終回に北海道の旭山動物園前園長小菅正夫が出てました。

北大の高専柔道部主将だった話はほんの一瞬しか触れられなかった。

その柔道で腕が太くなりすぎて牛の触診ができずその道を断念、象の肛門は大きいので大丈夫と旭山動物園の獣医師となった話はネタとしても面白かった。

盟友でもある岩野俊郎も登場。二人とも見るからにパワフルな感じのするおじさん

話の内容のほとんどは以前「戦う動物園―旭山動物園と到津の森公園の物語」という本で読んだことだったけど改めて本人の口から語られると感動します。
西田敏行も泣いてました。

たまには練習の話もかこう。
最近は組技8割打撃2割くらいの割合で練習。
前に痛めた右手首と左足がなかなか治らずスパー中も痛くてたまらん時あり。

筋トレはいまいち効果が実感できないしマンネリ気味に。一応最低限続けてはいるけど周りからは鍛えてる割に横腹が出ているとかいわれまくるし・・・
でもアメリカ在住で夏休みだけ日本に戻って練習に来るごとーさんに前来た時よりパワーついてるよと言われちょっと気分アップ。
そのごとーさんにアメリカ格闘事情聞くとやはり総合人気はすごいものがあると。UFCだけじゃなくストライクフォースとかも知ってる人が多いと。UFCファイターの一般知名度も高いというけど日本人格闘家は全然知られていずしいて言うなら桜庭だそうな。
格闘技人気低迷中の日本との違いを実感。
SRSとかテレビのあおり番組がなくなったのはつくづく大きいと思う。

「週刊実話ザ・タブー」Vol.17「拳獣」第2部開始 [漫画]

DSC04822.JPG
「週刊実話ザ・タブー」Vol.17に連載中の漫画「拳獣」が今月号から第2部スタートしましたので見かけたらよろしくお願いします。
http://www.nihonjournal.jp/web/taboo_17/index.html
殺し屋だった拳獣は組織を裏切って終われる身となっていた。
逃亡先でささやかな幸せをつかもうとしていた矢先ついに組織の追っ手があらわれ・・・というべたな展開です。
今回は佐々木健介が登場しております。
そして次回はついにビートたけしと勝新太郎が出てきます。たった今執筆中ですが勝新まっっったく似てない!
期待せずお待ちください。
DSC04823.JPGDSC04824.JPG

「座頭市千両首」(1964) [映画]

081010161142.jpg
シリーズ第6作「座頭市千両首」(1964)見た。

冒頭から殺陣シーンがたっぷりおがめます。
作中でもかっこいい殺陣が連発されて居合い斬り好きにはたまらない1作。
最後の敵は第2作にも出演した実兄の若山富三郎(出演名は城健三朗 )
市が結構苦戦します。
この最後の闘いに祭囃子がかぶさって流れてくる演出がしぶかった。

見てから調べたらシリーズ中でも傑作のひとつみたいです。納得。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。