So-net無料ブログ作成
検索選択

「小室宏二 柔道固技教本」購入 [スポーツ 格闘技]




本屋で手に取った「小室宏二 柔道固技教本」がよさげだったので買ってみたら思った以上にすばらしい技術本だった。
柔道寝技の良書は「バイタル柔道」「高専柔道の真髄」「寝技で勝つ柔道」等いくつかあるけどこの本はそれらの本につぐいい柔道寝技本だと思う。

柔道だけじゃなく柔術、サンボなんかの着衣組技競技にもいかせられる実戦的な技がわかりやすく紹介されてます。
技術だけじゃなくコラム形式の読み物も面白かった。
早く道場行って練習したくなる本。

小室宏二DVDもチェックしたくなってきたー。

「まんがの花道 めざせ漫画家!!編」金井たつお①巻 [漫画]




漫画家金井たつお先生がモデルの自伝的漫画「まんがの花道」。(漫画サンデーで連載中)

実際の師匠本宮ひろ志先生を模した漫画家天道昇のもとでアシスタント修行をしていたころの話なんですが上京してアシの面接の際つれていかれるのがトルコ!(現ソープ)

童貞の主人公に漫画家というのはなんでも体当たりして経験していくんだ!と無理やりトルコに連れて行く最高の男天道昇!
こんな先生がいたらアシスタント希望者続出間違いなし。
結局主人公は撮るこのサービスを受けず女の子スケッチを始めるという展開にはぶっ飛んだ。実話だったら逆に変態だと思うけどな・・・・

今、漫画家漫画といえば「バクマン」が有名だけどおっさん読者には昭和50年代くらいが設定のこの作品の方がのれたりするんだな。

続きが読みたい。
DSC05560.JPG
棋士枡田幸三の「新手一生」に影響を受け昨日の日曜練習で新しい柔術の技を開発してみた。
そして袈裟固めからの強烈な絞め技の開発に成功!これは見たことないのでほかにないのじゃないかな、多分。
今後スパーで試してみて使える技かどうか確認してみます。


新技一生!
タグ:金井たつお

宮沢りえ&永瀬映画「ゼラチンシルバーLOVE」(2009)/「アイアンマン」 [映画]


ゼラチン シルバーLOVE デラックス版 [DVD]

ゼラチン シルバーLOVE デラックス版 [DVD]


081118_gelatinsilver_main.jpg
去年原作本読んで面白かったので見たかった映画東京島」を借りてきて昨日夜寝る前に見出した。

130分の長さが不安だったけど開始15分であくび連発、30分後には落ちてしまいほとんど見ずに返却。
期待しすぎて失敗。
そして宮沢りえと永瀬正敏が出てる「ゼラチンシルバーLOVE」。
これも始まってすぐやばい感じしたけど仕事しながらだったし80分と短いのでそのまま流しっぱで作業。
ものすごいハードボイルドな雰囲気はかっこいいのだけど最後まで話という話が展開せずそのまま終わってしまうという・・・・
監督は操上 和美(くりがみ かずみ)という女性写真家だって、ふーん。
宮沢りえもほとんど活躍してなかった・・・・

2本連続ぱっとしないまま期待せず見た「アイアンマン」(2008米)が意外によかったりするのだからわからない。
最初のシーンからダウニーJrが面白かった。
スーパーヒーローものだけど主人公が結構おっさんだったりするのもいい。たまたま正義に目覚めて行動してるけど一歩間違ったらアンアンマンが一番やばいんじゃないかってところも。金と力持ったゼブラーマン(コスプレおやじ)やん!
ironman_trailer_4b0e3a3b9f9dc.jpg

こだわり人物伝「伝説の棋士 枡田幸三」全4回 [ドキュメント]

NHKでやってたこだわり人物伝「伝説の棋士 枡田幸三」全4回見終わる。(http://www.nhk.or.jp/etv22/wen/past/2011/02.html)

将棋の本前にいくつか読んでたのである程度知ってたけど枡田幸三のはまだ読んでなかったので面白く見れた。
かっこいいな枡田幸三。人気あったのわかる。

50歳を超えてなお新しい打ち方を模索し続けたことを表す言葉「新手一生」とかサインを書くとき名人の上という意味で「大名人」と書いたりいちいちセンスがある。
前から棋士たちをまんま格闘家に置き換えて漫画にしても全然面白いんじゃないかと考えてるけど枡田幸三なんかその筆頭で主人公にしやすいキャラクターだと思う。

とりあえず枡田本読もう。
goyou.jpg
仲代達矢と丹波哲郎出演の時代劇アクション「御用金」(1969五社英雄監督)も見る。平田 弘史先生が書いた漫画版が読みたくなった。





黒澤明初カラー映画「どですかでん」(1970) [映画]




黒澤映画初のカラー作品「どですかでん」見る。
まったく知らなかったけどこのタイトルからは内容想像しにくすぎる・・バンドとかドラマーの話?と思いつつ見たがもちろん全然違うかった。

舞台は貧乏長屋というかスラムというかそういう地域で貧乏でもたくましく一生懸命に生きていく人々の姿を明るいタッチで描きながらも・・・・要所要所重い!重すぎ!!明るく描いてなかったら暗すぎて見れないところ。
オムニバスでいろんな人たちの人生を紹介してるけど乞食親子が一番きつかった・・・・ちょっと怖くて切ない。
dodesukaden02.jpg
このとき黒澤明60歳。
こんな話人生の酸いも甘いもかみ分けた上で人間をよく見てないと書けない・・・そう思いました。
名作だったよ・・・

そして今まで見た黒澤映画の中でこれが最高。

タグ:黒澤明

ゴッドワールドを目指す男!神軍平等兵故・奥崎謙三2本立て [映画]


ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]




神様の愛い奴 [DVD]

神様の愛い奴 [DVD]

  • 出版社/メーカー: J.V.D
  • メディア: DVD

16176259_o1.jpg
つい最近見た最強ドキュメント「ゆきゆきて、神軍」(1987)の続編に当たる「神様の愛い奴」(1998)のDVDいただいたので見たばっかりなんだけどもう一度前作を借りてきて2本一気に見倒す。

ネットのレビュー等を読むと1作目の好評価に対して2作目の評価は総じて低かったのであまり期待せず見たら想像以上の内容だった。なるほど賛否両論分かれるだろうなと思うけど人間・奥崎謙三がこれでもか!といわんばかりに画面から飛び出てくる異色のドキュメントだった。どこまでが現実でどこからが演出なのかわからない、濃すぎる!!

前作の上映後、殺人未遂事件で懲役12年の実刑を受けた奥崎謙三の出所シーンから始まり13年の沈黙を破りゴッドワールドや溶解血栓法についていやってほど語りまくる。話したくてたまらなかったんだろう、トークがとまらない。
当然年をとってだいぶ弱っているけど奥崎節は相変わらずさえまくっている。話が聞き取りにくいのは昔から。

ちょっと耳が遠くなってたりパワーも落ちてるけど奥崎謙三ここにあり!を見せつけられた。
この作品は見ておいたほうがいいんじゃないかと思われます。

もう1本ドキュメント映画HARUKO」(2004)見る。
なんか見たことあるなと思ってチェックしたらもともとテレビの「ザ・ノンフィクション」で放送されたものの拡大版だった。
在日一世の金本春子さんを息子(7人兄弟)が撮ったドキュメントで逮捕歴37回を数えるヤミ商売のプロだったすさまじい人生をつづっている。
「血と骨」を髣髴させる内容・・・・すごい、としかいいようがないよ春子さん。

HARUKO [DVD]

HARUKO [DVD]




呪われた「呪われたマンガファン」/「ブロンコ・ビリー」(1980米) [漫画]


呪われたマンガファン

呪われたマンガファン


middle_1116750648.jpg
たまたま見かけた購入した「呪われたマンガファン」。
絶版になった昔のB級ホラーマンガを4本集めてまとめた本でどれもが今じゃ絶対見られないぶっ飛び具合の作品群。
1本目の「呪われた巨人ファン」の作者は自殺を考えながら描いていたというだけあって意味不明な描写が多く逆に怖い。
05.jpg
1998年に復刻されてるこの本だけど出版社もつぶれて(呪い?)今は絶版、今はあまり手に入らないーみたいなことをネットで見た。
読んだからさっさと人にあげようっと。


午後のロードショーでやってたイーストウッド監督主演の映画「ブロンコ・ビリー」見る。
当時付き合ってたという女優ソンドラ・ロックがかわいい。
地味だけど古きよき映画な雰囲気がよかった。

岩下志麻のエロスが暴走!「影の車」(1970) [映画]



851879ef25560b8c72159f060c0c4c95.jpg
松本清張作品には岩下志麻がよく似合うし実際よく出ている。

この「影の車」は映画ドラマ化数回されててそのうち1970年の映画版のDVD見た。
話は岩下志麻と不倫していた主人公加藤剛が志麻の息子(6歳)からの殺意をビンビン飛ばされしだいに追い詰められていく。果たして本当に6歳の子供に明確な殺意はあるのか?・・・という内容。

子供の殺意っぷりがうまく表現されてて結構怖い。

しかし、なんといっても岩下志麻に限る。
もう何度も20代後半から30代なかばにかけての岩下志麻のすごさを書いているけどこの映画の志麻ねえさんもどエロ!
(当時)29歳でここまでの色気を誰が出せるのか・・・昼間はお堅い保険外交員なとこもポイント、そして夜は・・・・
同じく松本清張の「内海の輪」もすごかったけどこの作品も負けていない。そりゃ加藤剛も狂うって。

すべての事件は色気ありすぎの岩下志麻から始まる!!

あと、この話どっかで見たなと思い出して検索したら「松本清張サスペンス・潜在光景」として1988年にドラマ放送されてたやつだった。水谷豊と大谷直子がやってて20年前みたきりなのにしっかり覚えてたよ。
やっぱり面白い作品は印象に残る。


ハルマゲドン失敗す (Beam comix―熱血SF短編集)

ハルマゲドン失敗す (Beam comix―熱血SF短編集)

  • 作者: 島本 和彦
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: コミック



パム・グリアがエロ強い!「コフィー」(1973米) [映画]



pam-grier6jpg.jpg936full-coffy-screenshot.jpg
先日見た映画「ジャッキー・ブラウン」の主役を演じたパム・グリアが24歳のときの主演作品「コフィー」(1973米)見る。
アフリカアメリカ人をターゲットに作られたエクスプロイテーション映画のひとつ。

とにかくパム・グリアのスタイルがすばらしい・・・強さはそんなでもないとこが面白かった。

デヴィッド・リンチの「ロスト・ハイウェイ」(1997米・仏)も見たけど・・・・これは難しかった。解説読まないと理解できないわ・・・・


ロスト・ハイウェイ [DVD]

ロスト・ハイウェイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



ブロンソンVS千葉真一!「週刊実話ザ・タブー」Vol.24発売日 [漫画]

cover.jpg
本日「週刊実話ザ・タブー」Vol.24発売日です。
連載漫画「拳獣」23話はとうとうブロンソン千葉真一が戦う!!
どっちもがんばれ!
自分で描きながらどっちも応援する狂った事態に。
前後編なんで次回にも続きます。http://www.nihonjournal.jp/web/taboo_24/index.html
DSC05555.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。