So-net無料ブログ作成
アニマル ブログトップ
前の10件 | -

世界最速の動物チーター/「アイアムレジェンド」(2007米) [アニマル]

003.jpg
久々にナショジオチャンネルにて捕食動物特集見ている。世界最速の動物チーターの回。

誰もが知ってる動物界最大の武器はそのスピード、3秒で95キロまでもっていく加速力はジェット機をしのぐという。

しかしスピードを維持できるのは30秒ほどで捕らえた後もライオンのように相手の首をへし折ったりできず10分も首をくわえ続けなえればならない。しかも体内に冷却装置がないので全パワーを使ったら通常の呼吸に戻るまで30分ほどかかるそうです。その間に獲物をほかの動物に狙われたりもする。最速ゆえの軽量ボディでほかの猛獣には勝てず獲物を横取りされることも多い・・・空気抵抗を低くするため頭蓋骨が小さくてかむ力も弱い。

長所はまた短所にもなる、チーターの弱点は能力が偏りすぎている点。

なかなか獲物をゲットできないチーターはこの100年で90%減少しているそうです。がんばれチーター。

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


リチャード・マシスンの小説「吸血鬼」3度目の映画化作品「アイアムレジェンド」見る。

ウイルスでほとんどの人間が吸血鬼化した世界を孤独に生きる主人公の話。
映画化2作目の「地球最後の男オメガマン」のほうが面白かった。敵となる吸血鬼たちに知能や考えがあったりしたから、この映画では単なる化け物としてしか描かれてなかった。
それでも前半ニューヨークで一人っきりの孤独がよく出てたと想う。CGなのか全然わからなかった。こんなだったら生き残りたくないな・・・


ワニのギャングランド:群れの秩序 [アニマル]

129136462725578.jpg
久々にナショジオチャンネルの動物ドキュメント見る「ワニのギャングランド:群れの秩序」

あるワニの群れの話。群れの秩序は厳しい実力主義で巨大なボスのもとで生活を営んでいる。
ライオンなんかと同じでボスだけがメスと交尾できて獲物のおいしいとこ全部持ってくことができる。ボス最高!

そんな巨大ボスに挑みかかる群れの若いワニ!

ワニ同士のすごい戦い・・・しかしワニ怖いなぁ~ド迫力!!!
動物社会ってほんま厳しい。
動画アドレスhttp://natgeotv.com/ca/crocodile-ganglands/videos/croc-boss

ブラッドレイン [DVD]

ブラッドレイン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD


昨日深夜やってた映画「ブラッドレイン」(2006アメリカ)
人間と吸血鬼のハーフが主人公のバンパイアアクション映画だけど主人公の動きがしょっぱくて全然面白くなかったのだった。

バッファロー戦士 [アニマル]


ナショジオで「バッファロー戦士」という番組見る。
個体数が減っていってるアフリカスイギュウを守ろうとする男のドキュメント。

はじめにスイギュウのすごさが解説される。
額から生えてる角には弾丸さえ通じない。500キロ~1トン位の体で時速は50キロ。
天敵はライオンだけどそのライオンも強烈な体当たり攻撃にあえば致命傷必至で捕食も命がけだという。
実際ライオンを吹っ飛ばす映像も流れてた。
すげえ!リアルハリケーンミキサーやん。
しかし強そうやな~。
CIMG2986.jpg
鈴木先生から借りた「武闘伝」読み終えた。色んな武道家たちの物語のダイジェスト版的な本です。
半分以上知らない人だったんで勉強になりました。
中でも「喧嘩合気ーフランス外人部隊を震え上がらせた合気道家」という章で紹介されてた阿部正という人の武勇伝が豪快で興味持ちました。
水木しげる先生の描いた「劇画ヒットラーは途中まで読んで挫折。
今まで何度も読みきろうとしたけど必ず途中でやめてしまう1冊。水木タッチのヒトラーも味わい深くていいのだけど字が多いからか歴史に興味が薄いからか読み出すと猛烈に眠たくなる。
今回がんばって5分の3くらいまで読んだけどやっぱりやめてしまいました・・・死ぬまでには読もう。
DSC04615.JPG

ナショジオ「最強のクマ決定戦」 [アニマル]

125913923249041.jpg
ナショジオ番組「最強のクマ決定戦」見た。

もしかしたら色んな熊たちの戦いの映像があるのかと思って見たけどさすがにそれはなくヒグマ、北極グマ、アメリカクロクマの能力の検証をやった番組でした。それでも面白かったけどね。

ヒグマの戦闘能力として3つあげてた。
まず肩から首にかけての筋肉を使っての前腕の打撃力の強力さ。
そして噛む力はピアノを二つたたきつけるほどだと(なんかぴんとこない例え)
さらにひづめは登る、引き裂く、掘ると万能。
数百キロの体を木の上に引き上げる力はピアノを4階に引き上げる力に匹敵するという(またピアノ)

そして動物界の中を見渡しても最大級の能力をもつのがその鼻の威力!
犬が人間の100倍の嗅覚を持つといわれさらにブラッドバウンドという犬が300倍。
そしてそしてクマはそのブラッドバウンドのおよそ7倍・・・人間の2100倍!鼻づまりの自分としてはすごすぎて想像がつかないす。

最大の武器は最大の弱点にもなる。
ということでクマよけスプレーが効くのは鼻がよすぎるからなのだった。

体の大きさ自体も武器!
今まで確認された最大のクマは北極グマで慎重が3・7M,体重910キロ。でかい!

アラスカの動物園で北極グマのフェンスを超えて写真を撮ろうとしてクマに噛み付かれてる映像が流れてたけどすごいパワフルで恐ろしかった。(命は助かった)
http://www.knowledge.ca/program/national-geographic-specials-search-for-the-ultimate-bear">


水陸両用の戦士:カバ [アニマル]

125920608429036.jpg
ナショジオ番組「水陸両用の戦士:カバ」見た。
アフリカでもっとも人を殺す事件を起こしてる猛獣カバの特集。

全力で走る(時速50キロ)の映像はすごい迫力!陸でも水中でもすごい能力を発揮するカバは水陸両用のモビルスーツ、ズゴックみたいなもん。
その分厚い皮膚の前にはライオンの牙や爪でもなかなか通じないらしい。

よく見たら目つきも怖い!
スイカを軽々と砕くこのパワーを見よ!

1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件を題材とした映画「誰も知らない」ずっとすすめられてたけどやっと見た。
子供系のきつい話は見るのがしんどいなやっぱり・・・

誰も知らない [DVD]

誰も知らない [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



野生の襲撃2ーライオン、ワニ、カバ、ワニとか [アニマル]

47348_human_prey.jpg
ナショジオチャンネルで野生動物の人間への襲撃事件を紹介した特集番組「野生の襲撃」一挙放送全部見終えた。

いろんな事件が紹介されてるけど2頭のライオンが数ヶ月で90人くらい食い殺したの(確か映画にもなってた)とか戦争中に退却してワニの巣食う沼に逃げ込んだ400人も兵士が一夜明けたら20人しか残ってなかった話とか特に恐ろしかった。

襲われて生き残った人の対応で多かったのが「目」を狙った攻撃。ライオンやワニ、クマにかじられながら目を攻撃したって・・・・でも下手に目を攻撃したら怒らせて余計凶暴になりそうだからやるなら目をつぶすくらいじゃないとダメっぽい。
あと、生き残った人たちは総じて襲ってきた動物にうらみはないと言ってた。
相手のテリトリーに踏み込んだ自分たち人間のほうが悪いと、生き延びただけでも幸運だったみたいになってました。

野生のパワーの前にさらされたらそうなってしまうのかな?

とにかく野生動物はほんとにすごい。
海とか山とかもともとそんなに好きじゃなかったけどさらに行きたくなくなりました。

昨日道場で1年ぶりにサーキットトレーニングしたらヘロヘロになった・・・・・


大失敗ーアマゾンで「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」のDVD注文して届いたら英語版だった!ガーン!!!
よく見ずに注文した自分が悪いのだろうけどこれは悲しいな。
DSC04569.JPG



野生の襲撃ートラ、チンパンとか [アニマル]

アニマルチャンネルで録画した「野生の襲撃」シリーズ一挙放送4時間やつ少し見た。

こええ!

チンパンジーのリーダーに襲われた人間二人。車のガラスぶち破って侵入してきたチンパンにかまれまくり!
逃げ出したけどさらに襲われ続けて最後は近くにあった木で応戦してなんとか撃退。
しかし一人は死んでもう一人は片足と手の指を数本なくした・・・・

トラに襲われた女の人の証言も恐ろしかった。
動物園で鍵を閉め忘れた檻から出たトラに鉢合わせ逃げようとしたとこを後ろから飛びつかれた。
自分の頭蓋骨がゴリゴリされてる音が聞こえたって!
さらに不幸なのはかけつけた警官の威嚇射撃の弾丸が腰に命中!全然威嚇ちゃうやん警官!

こういうの見てると大体逃げようとして背中見せたとこを本能的に追いかけてきて襲われてる。
けどだからって逃げなかってもやられそうな気がするけど・・・・

虎殺しのおろち独歩に頼むしかない!

これは放送で見たものと違うけどトラに襲われる再現映像動画

ドラマ「ハガネの女」見始めた。
小学校ものって結構面白いのが多い気がする。(例「熱中時代」「女王の教室」「うちの子にかぎって」とか)

最強動物愛護軍団レスキューインク [アニマル]

125782034923559.jpg
元消防士、ボディービルダー、車の整備工、警備員たち8人が集まって作ったニューヨークの動物愛護軍団レスキューインクの活躍を紹介したドキュメント5回分見終えた。

全員筋肉ムリムリでサングラス、革ジャン、ハーレー、タトウーな感じでまさに漫画「ワイルド7」!そして家族と動物を愛しまくる!!

動物に関する問題が起こればかけつけてできる限りのことをする。危険な地域でもいったり警察があり取り扱ってくれない事件でも真剣に臨む8人。
かっこよすぎる・・・・

動物はさほど好きじゃないけどレスキューインクにはあこがれるぜ。
6a00d8341cdd0d53ef00e5520bd5418833-800wi.jpg

本当にあったゾウの怖い話 [アニマル]

124876491677963.jpg
ナショジオチャンネルで「本当にあったゾウの怖い話」見た。
番組内容「昔から神聖な生き物であるゾウと人間が共生してきたインド。ところが、凶暴化したゾウが人間を襲う事件が昨今多発しているという。

番組ではゾウに襲われた人々の話をもとに襲撃シーンを再現するとともに、自然主義者、ハンター、ゾウを研究し問題の解決に努める保護官らがどのようにゾウと関わっているかを取材する。そしてゾウの研究で名高い生物学者シンシア・モスとジョイス・プール博士の協力を得て、手のつけられなくなったゾウたちの精神についても探っていく。凶暴化の原因はホルモンの影響か?それとも人間に対する憤りなのだろうか?

ゾウと人間の歴史、ゾウに対する人間の行為などを冷静に振り返りながら原因を追究していく。 」

ゾウが暴れてる映像や写真見たら哺乳類最強といわれるのがよくわかる。
まともに勝てるのはオーガくらいかな。
サーカスで暴走したゾウは調教師とかドスドス踏みまくった後外に出て警官から80発の弾丸食らっても30分暴れ続け狙撃用ライフル3発受け致死薬打たれてようやく死亡したという。
20世紀初頭に行われてた闘犬ならぬ闘象の映像も流してたけど象同士の戦いはすごい迫力だった。
試合後も興奮してる象はそこらの人間跳ね飛ばして建物に突進して破壊してた・・・恐竜ってこんな感やったんかな?
象使いたちは象を調教中に何人も殺されてるので常に気が抜けずそのストレスで大酒のみが多いとか。

インド人は殺気を持った像と出くわしたときにできることはただひとつという。
「ガネーシャに祈るのみ!」と。
ガネーシャ.jpg

バジリスクオオトカゲの水上走り、「シグルイ」14巻 [アニマル]

photo13.jpg
水蜘蛛の術ー水上を浮いて移動する忍法。
漫画「バキ」では烈海王が川の上を走っていたけどそれを実際に行う動物がバジリスクオオトカゲ。
足の形と高速の歩行がそれを可能にする・・・ナショジオチャンネルでやってたけど実際見たらすごいな。

キューバワニが尻尾で川底をたたいて飛び上がるのもすごかった。2メートルくらい飛ぶらしい。
4154475.jpg
あと、虎のすごいとこも説明してた。
10メートルを1秒以下で走るスピードでジャンプ(最大10メートルが記録されてるという)して像の上にいる監視員に飛び掛ってた・・・・怖すぎる。



「シグルイ」最新14巻。
真剣御前試合に向けて比較的淡々とした流れだった。(もちろんそれはそれでしぶい)
新キャラとして独眼流伊達政宗が登場。老いてもその怪物性はいささかも衰えぬーと期待させたわりにはほとんど活躍しなかったのが残念でした。
次巻に期待。


シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者: 南條 範夫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: コミック



前の10件 | - アニマル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。