So-net無料ブログ作成

野生の熊へチョークスリーパー炸裂!「コンデ・コマ」 [漫画]

DSC05569.JPG
1997年から2000年までヤンサンで連載されてた格闘漫画「コンデ・コマ conde Koma」
当時読んだり読まなかったりだったので復刊されてるやつ今読み返し中。現在3冊(単行本1~6巻)読了。

コンデ・コマこち前田が講道館に入門して数々の騒動を起こしてるくらいまでなんですが中でも見所は青森での修行時代に山で野生の熊と戦うくだり。
ヒグマほどでかくはないけどそこそこの大きさの熊を相手に打撃をぶち込む前田。それが効かぬとなると爪をかいくぐりバックに回ってチョークスリーパー!見事に熊を落とした(気絶させた)のだった。
熊殺しじゃなくて熊お年!!

ほんとに熊にチョークが効くのかどうか・・・いつか襲われた時試してみよう。
DSC05570.JPG
ノー・グッド・シングス [DVD]

ノー・グッド・シングス [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD


ミラ・ジョヴォヴィッチとサミュエル・L・ジャクソンが出てる「ノー・グッド・シングス 」(2002)というクライムサスペンス映画見る。
だましだまされの展開がクルクル回り面白い話だったんだけどなんか地味な、よくいえばしぶい映画だった。
特に主人公の刑事、サミュエル・L・ジャクソンがハードボイルドなしぶさを発揮してた。

「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 」全5巻読了 [漫画]


真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 4巻 (ビームコミックス)

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 4巻 (ビームコミックス)

  • 作者: 新井 英樹
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2006/09/25
  • メディア: コミック



真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻 (ビームコミックス)

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻 (ビームコミックス)

  • 作者: 新井 英樹
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2006/10/25
  • メディア: コミック


たった今「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 」全5巻読了。
すごい話やったなぁ~。これは読むほうも力いるけど描く人も絵も話もどっちも大変だったと思う・・

トシが捕まってからも結構話が続くのがよかったけどトシの最後の姿は怖かった。

また読み返すと思うけど当分おなかいっぱいです。


六三四の剣 (6) (小学館文庫)

六三四の剣 (6) (小学館文庫)

  • 作者: 村上 もとか
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 文庫



タグ:新井 英樹

「ブラックエンジェルズ」 / 「テレプシコーラ」⑤巻 [漫画]


ブラックエンジェルズスペシャル 黒の十字架編 (Gコミックス)

ブラックエンジェルズスペシャル 黒の十字架編 (Gコミックス)

  • 作者: 平松 伸二
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2011/02/07
  • メディア: コミック



舞姫(テレプシコーラ) 5 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)

舞姫(テレプシコーラ) 5 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)

  • 作者: 山岸 凉子
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2003/12/22
  • メディア: コミック


「ブラックエンジェルズスペシャル 黒の十字架編」購入。
この巻では主人公雪藤洋士の過去話がメイン。仲間の黒い天使たちも何人か登場。その中でも異色の男が羽死夢!
殺し技は「金玉つぶし」!っていうか子供のころは何の疑問もなく読んでたけど金玉つぶされても死なないだろう・・・
ちなみに作中の殺し文句は「地獄へ落ちろ~」だけどこの羽死夢のみ違ってて「聞け~地獄の響きを~!!」となってる。
とりあえずものすごく痛そうなので痛みでショック死するのかもしれない。
DSC05563.JPG
そして最後の1話だけ松田優作モデルの最強キャラ松田鏡二画登場。アメフト風のプロテクターも初装備して大型バイクを持ち上げてた。この後どんどん超人化していくの知ってるのでもはやバイク上げるくらいでは驚かないんだけど・・
DSC05564.JPGZ322004144.jpg
ところで「ブラックエンジェルズ」実写版の動画見た。
どうやら松田さんは今回出てこない様子。何しろ松田ファンなので今後シリーズ化したときに誰がその役をやるのかで完成度が全然違ってくると思う。
パッと浮かぶのは北村一輝ーあの俳優だったら原作のコミカルな感じと狂気な強さの両方をかっこよく演じるはず。
あえてもう一人候補を選ぶとやはり香川照之があがるでしょう。もともとの身体のサイズが小さいのは仕方ないとしてまず数ヶ月に及ぶ肉体改造と殺人空手習得により外見をカバー。
そして優作イズムを継承したその演技力で見る人の度肝を抜く新たな松田さん像を打ち出してほしい!

「ブラックエンジェルズ」ファンとして心からそう願います。

バレエ漫画「テレプシコーラ」本作と巻末のバレリーナ対談読むとバレエの過酷さの一端を知ることができる。
バレエってすげえ。
BE-BOP HIGHSCHOOL 高校与太郎百鬼夜行編 (プラチナコミックス)

BE-BOP HIGHSCHOOL 高校与太郎百鬼夜行編 (プラチナコミックス)

  • 作者: きうち かずひろ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/02/02
  • メディア: コミック



「まんがの花道 めざせ漫画家!!編」金井たつお①巻 [漫画]


まんがの花道 めざせ漫画家!!編 (マンサンコミックス)

まんがの花道 めざせ漫画家!!編 (マンサンコミックス)

  • 作者: 桜小路 むつみ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: コミック


漫画家金井たつお先生がモデルの自伝的漫画「まんがの花道」。(漫画サンデーで連載中)

実際の師匠本宮ひろ志先生を模した漫画家天道昇のもとでアシスタント修行をしていたころの話なんですが上京してアシの面接の際つれていかれるのがトルコ!(現ソープ)

童貞の主人公に漫画家というのはなんでも体当たりして経験していくんだ!と無理やりトルコに連れて行く最高の男天道昇!
こんな先生がいたらアシスタント希望者続出間違いなし。
結局主人公は撮るこのサービスを受けず女の子のスケッチを始めるという展開にはぶっ飛んだ。実話だったら逆に変態だと思うけどな・・・・

今、漫画家漫画といえば「バクマン」が有名だけどおっさん読者には昭和50年代くらいが設定のこの作品の方がのれたりするんだな。

続きが読みたい。
DSC05560.JPG
棋士枡田幸三の「新手一生」に影響を受け昨日の日曜練習で新しい柔術の技を開発してみた。
そして袈裟固めからの強烈な絞め技の開発に成功!これは見たことないのでほかにないのじゃないかな、多分。
今後スパーで試してみて使える技かどうか確認してみます。


新技一生!
タグ:金井たつお

呪われた「呪われたマンガファン」/「ブロンコ・ビリー」(1980米) [漫画]


呪われたマンガファン

呪われたマンガファン

  • 作者: 鶴岡 法斎
  • 出版社/メーカー: ジャパン・ミックス
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: 単行本

middle_1116750648.jpg
たまたま見かけた購入した「呪われたマンガファン」。
絶版になった昔のB級ホラーマンガを4本集めてまとめた本でどれもが今じゃ絶対見られないぶっ飛び具合の作品群。
1本目の「呪われた巨人ファン」の作者は自殺を考えながら描いていたというだけあって意味不明な描写が多く逆に怖い。
05.jpg
1998年に復刻されてるこの本だけど出版社もつぶれて(呪い?)今は絶版、今はあまり手に入らないーみたいなことをネットで見た。
読んだからさっさと人にあげようっと。


午後のロードショーでやってたイーストウッド監督主演の映画「ブロンコ・ビリー」見る。
当時付き合ってたという女優ソンドラ・ロックがかわいい。
地味だけど古きよき映画な雰囲気がよかった。

ブロンソンVS千葉真一!「週刊実話ザ・タブー」Vol.24発売日 [漫画]

cover.jpg
本日「週刊実話ザ・タブー」Vol.24発売日です。
連載漫画「拳獣」23話はとうとうブロンソンと千葉真一が戦う!!
どっちもがんばれ!
自分で描きながらどっちも応援する狂った事態に。
前後編なんで次回にも続きます。http://www.nihonjournal.jp/web/taboo_24/index.html
DSC05555.JPG

イエス小池の「劇画 蟹工船 覇王の船」 [漫画]


劇画 蟹工船 覇王の船 (宝島社文庫 C い 1-1)

劇画 蟹工船 覇王の船 (宝島社文庫 C い 1-1)

  • 作者: イエス 小池
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/10/02
  • メディア: 文庫


30年以上ジョージ秋山のアシスタントを務めるイエス小池さんが1991年、月刊ベアーズクラブで描いた読みきり漫画「覇王の船」が小林多喜二の原作小説併録で文庫本化された「劇画 蟹工船 覇王の船」購入。

読んですぐ当時ベアーズクラブで読んだことあるの思い出す。それだけインパクトあったんだな。

最近映画も2本見て漫画版も2,3作読んだ上で原作読み直したけどやっぱり原作にはかなわないなー思った。
蟹工船のえげつなさの描写がすごい。

それでもイエス小池さんの漫画は独特で面白かったです。迫力もあるし。

特に監督の眉毛がすごい・・・
haou-p7.jpg

おっさんしみじみ漫画「遥かな町へ」谷口 ジロー/ 「日本の兄弟」 [漫画]


遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 谷口 ジロー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/11/30
  • メディア: コミック


谷口ジロー先生が1988年ビッグコミックに連載してた漫画「遥かな町へ」読む。

一応谷口ファンのはしくれなんですが結構取りこぼしてるのもあってそのうちの1作。地味っぽいのでそのうち・・・と思ってそのまま読まずにきたけど・・・・よかった!
人生に多少くたびれた感のある48歳のおじさんが心そのままで14歳の自分に戻ってしまうファンタジー。

だれしも一度はそういうこと考えたことがあるだろうけどそういう想いを見事に漫画化してます。勉強も女の子の扱いも48歳のパワーを存分い見せ付ける主人公。
読みながらついつい自分まで過去にトリップしてしまう面白さ。
この話は10年前に読むのと今読むのと、さらに10年後以降読むのとでは感じるものも変わるんだと思う。
保存版決定。
地味だけど名作、特におっさんが読むと確実にしみじみきます。


1995年に出た松本大洋短編漫画集「日本の兄弟」
久々に松本作品読んだけどやっぱりかっこいい・・・特にすきなのがストーリーの合間に話の流れに直接関係ない絵のコマをはさむ演出、昔パクろうと思ったけどずっと忘れてました。今度使ってみよう。これで俺の漫画もかっこよくみえる・・・わけはないけど。

日本の兄弟 (Mag comics)

日本の兄弟 (Mag comics)

  • 作者: 松本 大洋
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 1995/10
  • メディア: 単行本



まんがグリム童話 殺しのヴィーナス

まんがグリム童話 殺しのヴィーナス

  • 作者: 森園 みるく
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2008/12/05
  • メディア: 文庫



「六三四の剣」「PEACE MAKER」3巻 [漫画]


六三四の剣 (3) (小学館文庫)

六三四の剣 (3) (小学館文庫)

  • 作者: 村上 もとか
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 文庫



PEACE MAKER 3 (ヤングジャンプコミックス)

PEACE MAKER 3 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 皆川 亮二
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: コミック


読んだよ・・・「六三四の剣」3巻。
まさか・・・そんな気はしてたのだけど「がんばれ元気」と同じ展開になるなんて・・・・

そして3年後、父親を倒した東堂国彦に挑むもボロクソにされるくだりもよかった。
読むと練習したくなる漫画って素晴らしい(別に剣道に限らず)!

「PEACE MAKER」3巻も届いたので続けて読む。そして(この時点で)最強の敵が登場。‘深紅の処刑人‘コニー・レヴィン!その女は相手の気配を読み取ることができて暗闇でも正確に打ち抜いてくる。
人呼んで「絶対王者」!・・・・かっこいいな。

どっちも続きを読まずにはいられない。

熱血バレエ漫画「SWAN(スワン)/有吉京子」を読む [漫画]


SWAN(白鳥) 1 愛蔵版

SWAN(白鳥) 1 愛蔵版

  • 作者: 有吉 京子
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: コミック


1976年47号 - 1981年20号に週刊マーガレットで連載されてた熱血バレエ漫画「SWAN(スワン)/有吉京子」の愛蔵版1巻始めて読む。
基本少女漫画苦手なんだけどこの漫画は唯一読む少女漫画「ガラスの仮面」に絵柄が似ていることも大きかったけど面白いよ。
とにかくバレエが好きな主人公の少女が舞台に感激したあまり出演者の控え室に押しかけるも感動で言葉にならずいきなり踊りだしてしまう冒頭がすばらしすぎる!!
なんかむちゃくちゃだけど引き込まれてしまうんだな。
キャラクターがみんなバレエ命でやたらと熱いのも少年漫画っぽくていい。
そしてバレエを踊るシーンの(当然だけど)絵がきれうまい!
_h475_001850423XIN.jpg
タグ:有吉京子
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。