So-net無料ブログ作成

アメリカンギャング「アーリアンブラザーフッド」 [ドキュメント]

アメリカの刑務所内のギャング組織「アーリアンブラザーフッド」のドキュメント見たけど恐ろしかった。

組織のメンバーは合衆国の刑務所に服役している服役囚の割合でみると1%未満だが、連邦刑務所内で発生した殺人の26%に関与しているとされているらしい・・・メンバーに入るには相応のワルでかつ反組織の人間を一人殺さないといけない。
刑務所の看守とかも何人か殺されてるって・・・・怖すぎるやん!
126405128818856.jpg
所内でも殺人が行われ麻薬も手に入るといってたけど映画やドラマ「プリズンブレイク」の世界やな。

あまりにえげつない組織のやり方がいやになり何人かは脱退しててもちろん命は狙われてる。
その一人でレスラーのトリプルH似の囚人がいて特殊官房に入ってた。
今まで何人も殺してきたそうで筋肉モリモリ、独房でガンガン鍛えてた。しょぼそうなシャドーが逆にリアルな感じだった。いかつすぎる!!
2594_aryan-brotherhood-3_04700300.jpg
アメリカの刑務所だけは絶対入りたくないなと思った。(日本でもいややけど)

刑務所じゃないけどついこの間友達が電車内での痴漢の容疑で警察連れて行かれて二日間拘留された。
話聞いてたらかなりストレスのたまる展開でまさに映画「それでも僕はやってない」の世界。
絶対やってないから大丈夫だろう位の軽い気持ちでいても相当面倒なことになる模様です。
アメリカのギャングより痴漢の冤罪のほうがリアルな分怖い・・・

みなさん電車では気をつけましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。